起業し、成果を上げるために求められる3つの常識

何をするのかを明確にする

起業することは、会社に就職することに比べるとやることが非常に多いです。まず、何をするかを明確にしなければなりません。漠然と仕事をしようと考えていても、やることなく時間が過ぎるだけです。だから起業しようと考える場合、同時に何をするかを決めなければなりません。事細かく決める必要はないので、簡単に考えると良いでしょう。また、お金稼ぎに執着すると高い確率で失敗してしまうので注意しましょう。自分が何を仕事でしたいのかを優先することが大切です。

誰に何ができるのかを考える

起業をし、それで生活していくためには人を集める必要があります。個人で仕事をしていくことになるため、自分がやりたいと思った仕事をするために必要な人を考える必要があります。その人に自分ができることを提供し、その対価としてお金をもらう、これが起業になります。まず、お金をもらうことに抵抗を持っていはいけないので心掛けておきましょう。また、誰に何ができるのかを仕事の性質を考え、狙い撃ちにすると良いです。漠然と『より多くの人に』としていると集客で失敗するので、どういう人に何をしたいのかを絞り込むようにしましょう。

何度も仕事を依頼されるように信頼関係を築く

起業した瞬間、誰もそのことを知らない上に、どういう仕事をしているのか分からないものです。集客に成功し、お金が入るようになったとしても、その1回限りになる可能性もあります。その可能性を潰すためには、1人1人の顧客に対して、信頼関係を築き上げることが求められます。人は信頼している人には何度も接触し、『この人になら』とどんどん仕事を依頼してきます。これを繰り返すことで、継続的にお金が入るようになります。起業の最終目的は、お金が安定して入ってくることなので、信頼関係の構築を心掛けましょう。

健康志向の強い女性向けのフィットネスクラブのフランチャイズと言えば、「カーブス」です。世界最大のフィットネスチェーンで、日本でも約58万人以上の顧客が付き、ますますの発展が期待されます。