インターネットのプライバシーは自分で対策することが大切!

SNSで個人情報を公開しない対策!

近年、様々なSNSサイトがあり多くの人が利用していますよね。しかし、不特定多数の人物に見られるSNSでは個人情報が漏れやすいので対策が必要になります。一番有効なのは、詳細な個人情報を記入しないことですが、プロフィールを詳細に公開している人は必ず観覧制限を設定するようにしましょう。友人や友人の友人のみに公開するように設定すれば、不特定多数の見知らぬ人に情報が伝わることを避けられますよね。これだけでも十分効果はあるので、しっかり対策しましょう。

スマホやPCには必ずロックを設定する!

続いては、スマホやPCのセキュリティーロック対策です。特にスマホなどはなくしたり、外出先で置き忘れる可能性もあるので、セキュリティロックを設定しているかしていないかで、後で大きく影響を及ぼします。簡単に設定できるスマホがほとんどなので、機器に詳しくない方でも簡単にできますよ。機種によっては簡単セキュリティと、ロングパスセキュリティの2種類が設定できるスマホもあります。その場合はパスワードの文字数が多いロングパスのほうがセキュリティ効果が高くなりオススメですよ。

ログインパスワードは定期的に変更する!

3つ目に紹介するのはパスワードに関するセキュリティ対策です。ネットショッピングなどのサービスを利用する場合、必ずといっていい程、会員登録をしなければなりませんよね。利用する度にマイページにログインするため、いろいろなサイトのパスワードを同じキーワードにしている方が多いですが、それはあまりオススメできません。その1つが流出した場合、すべてのサイトのパスワードが流出することに繋がってしまいますよ。また定期的にパスワードを変更することで、さらにセキュリティ効果がアップするので変更するようにしましょう。

機密文書を適正に管理するためには、文書管理要綱をしっかり作成しておくことが大切です。文書に管理番号を付けることも重要です。