システム開発のプログラマーについてのこと!

プログラマーとしての採用

プログラマーとして採用してもらうには、実力を証明する必要があります。その一つの方法として資格があります。色々なコンピュータ関係の資格がありますから、それを活用することです。基本情報処理技術者試験というものがあります。情報処理業界では、まさに基礎の資格になります。そもそもこれがないとできない仕事がある、というわけではないのですが、それでも基本的な知識、概念を理解している、ということの証明になります。

システム開発の仕事について

プログラマーの転職というのは、実力を証明することによって、採用されることになります。つまりは、転職というのは、中途採用ですから、新卒のようにポテンシャル採用、というわけではありませんから、どうしてもそれなりの即戦力である必要があるわけです。今まで、他の会社で何をしているのか、ということを説明したり、或いは取得した資格でどんなことができるのか、ということを説明したります。システム開発の仕事では特にそうです。

資格は必要であるのか

システム開発をするプログラマーというのは資格が特にあるわけではないです。資格自体はあるのでが、別に必須ではないのです。プログラマーと言うのは、コンピュータでプログラミングをする仕事になります。この資格がないとそもそもプログラミングという作業が法律的にできない、ということはないのですが、企業に採用されるためには言うまでもなく、まずは資格がある必要があります。資格というのは、要するに最低限の実力を証明するものです。

notesを使い社内のイントラネットでいろいろなシステムを組んでいる会社が多い、notesのバージョンアップでたびたび動かなくなることがあります、それの修正を行う必要があります。