入社して数年目の壁を破る!新しい成長のためのeラーニングとは

入社5年目の社員への指導内容を考える

入社してから5年ほど経った社員の中には、周囲の同僚と比べて仕事内容が評価されず、キャリアアップも自分には無理だと諦めてしまう人もいます。その精神面の変化が仕事に対して、悪い影響を与えてしまう場合もありますから、eラーニングの研修内容を活用してみてください。新入社員に対しての研修ではなく、入社5年目の社員に対する研修までeラーニングでは用意されています。その5年間で自分に起きた変化を、改めて考えさせてもらうだけでも仕事のやる気がアップする事も多いです。

若手や中堅社員向けの研修も豊富です

すでに何年も仕事を続けているおかげで、ビジネスマナーなどの基礎的な部分はできているけれど、プレゼンテーションが苦手という人も多いです。そんな苦手意識を無くしてもらうために、若手や中堅社員向けのプレゼンテーション研修もeラーニングが用意しています。今まで経験を積んできた人間なのだから、自信を持って提案ができるようになるべきだと、その研修を通じて学べることでしょう。その自信が周囲に伝わるだけでも、プレゼンテーションが上手くいく事もあります。

リーダーシップのある人間を目指す

部下が増えてきたにも関わらず、リーダーシップとは何か一度も考えた事が無い社員がいると、そのグループの成長にブレーキをかける事になりかねません。より優れたリーダーシップを持つ社員を育てるために、eラーニングのマインドスキル研修が役に立ちます。リーダーシップの本質について考えさせたり、部下を育成するための技術をeラーニングが教えてくれる点が好評です。悩んでいる部下の助け方が分かるだけでも、上司としての自信がついてくることでしょう。

eラーニングの特徴は自由な時間と場所が選べ、個々の習熟度を考慮でき、目的に応じた授業の標準化を実現でき、さらに印刷教材の量を減らすことができるというメリットがあります。